2019.11.30

2019.11.30
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ポーランドは便利アプリと、親日国のやさしさで乗り切った!

ポーランドのレンタル電動キックボードと公園

ポーランドのワルシャワ・ウォヴィチ村・クラクフ・ヴロツワフに行ってきたよ。
海外に億劫な兄さんに「色々不便そうじゃ~ん?移動とかも大変そうだしさ~。わかんない土地でどうすんのよ~。」って言われそうなので、先にポーランドで役立ったものをお伝えしときます。

ポーランドのSIMをワルシャワのショッピングモールを購入

まずは、SIMをワルシャワ中央駅の横にある、Złote Tarasy(ショッピングモール)のPLAYというお店で購入。
30日で6GB付いて、25 ズウォティ(約700円)くらい。1週間で150円くらいのもあるらしい。
そう、ポーランドは物価が安い!

ポーランド、PLAYのSIMアプリの画面
アプリで残りのGBが分かる。テザリングできるから、友達と共有

Google MAP見て移動したり、近くのお店調べたり、SIMがあれば何とかなる。
25 ズウォティってさらっと言ったけど、ポーランドはユーロ圏じゃないのよね…。
ついでに言うと、シェンゲン協定内だけど日本とは二国間協定優先です。この話はおいおい…。今後、ちょいちょいシェンゲンとか出てくると思う。

ポーランドはだいたいクレジットカードが使えたよ

話戻ってズウォティね。ポーランドはほとんどのところでクレジットカード使えるよ。(コンタクトレスカードがあるともっと便利)
カードが使えなかったのは、調子が悪いトラムの券売機(コンタクトレスだと買えるのか、単純に調子が悪いのかナゾだった)と、フォー屋さんが現金払いのみだったくらいかな?

ワルシャワのフォーと揚げ春巻き
ワルシャワのフォー屋さんのポーランド語メニュー
ポーランド語とベトナム語のメニューに苦戦するも、英語メニューがあった…。

降車アラートが便利な、ポーランドの交通アプリ

バス・トラム・地下鉄の移動はjakdojade(ヤクドヤテ)に頼りまくり。現在地と目的地の場所をタップしたら、ルートが表示されてどの停留所から乗ればいいか分かるし、もうすぐ降りるよアラートも。アプリ内で支払いもできる!

ポーランドの交通アプリの画面
アプリ内でチケットが買える。

アプリ内でチケットや1日乗車券も買える

ポーランド、ワルシャワ地下鉄の入り口
1つ前の「Buy ticket」ボタンから1日乗車券も買える

私は分からず、先入金しちゃったけど、細かく支払ったり、1日券を買ったら、ほぼなくなった!見よ、上の2ztを!
ただ、来るはずのトラムが突然表示から消えたり、あと5分のはずが、なかなか来なかったりするので、アプリで切符買うときは乗った瞬間に買ったほうがいいです。残り〇分有効って感じで、カウントダウン始めるから早めに買って乗ってる間にチケットが無効にならないように。

アプリがなくても、ポーランドの人は親切で、困ってたらあちらから声をかけてくれたので、何とかはなった気がする。

地下鉄の改札の前で立往生してたら、親切な人がjakdojade(ヤクドヤテ)で買った切符のQRコードを改札にタッチしたら開くよ、って言って教えてくれたけど、QRコード読み取り対応してる改札がなくて、開けてもらったりね笑

Uberは安いと10分、10ズウォティ(約280円)

Uberにもお世話になりました。安いと10分くらいの乗車で10ズウォティ(約280円)、高くても16ズウォティ(約450円)。アプリで行き先を入れてるし、支払いもアプリ内だから、安心だよね~。コインランドリーまで少し遠いし、夜で暗いし寒いし、Uber使って行ったよね~。

ポーランドのコインランドリーの洗濯機
コインランドリー1回5.5ズウォティ(約156円)

他にもポーランド旅でお世話になったのはこちらです。
▼サイト
ポーランドナビ(クラクフ公認ガイド・綾香さん)
discover poland(現地在住3年目の方)
▼本
中世の街と小さな村めぐりポーランドへ
どの方も細かく丁寧に情報を載せていて、感心しつつありがたく使わせてもらったよ。兄さんもポーランド行くならチェックしたらよいよ。

冒頭の写真のレンタル電動キックボードは、ワルシャワのいたるところにあって、アプリで支払いして乗れるらしいんだけど、乗らなかったよね。けど、使ったら便利だと思うよ。交通安全第一で、どうぞ。

※情報は2019年11月現在

さとみ
さとみより

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。