2019.12.16

2019.12.16
ゲスト

バンクーバーのたやへ

カナダの編み物事情が知りたいです。

初めまして、エツコと申します。

カナダのクリスマスマーケット、すてきすぎてうっとりしてしまいます…。 私、趣味で編み物を少々編むのですが、海外の方はマフラー、スカーフ、帽子など、ニットを身につけるのがとてもお上手ですよね!

写真のこのおじさまなんて、かわいすぎてきゅんきゅんしてしまいます。

ニットのおじさん

日本の男性も、もっともっとニットを身につけて欲しいと常々思っているんですが、私の父も夫も、編んでプレゼントしてみてもあまり使ってくれず。 今は素直に喜んで身につけてくれる子どもにばかり編んでいます。

そういえば、カウチンセーターで有名なのもバンクーバーではなかったでしょうか?カウチン族の伝統ニットなんですよね。 日本では、またカウチンジャケットが再燃してきているようで、今年もアウトドアブランドやファッションブランドでよく見かけます。 以前のようにずっしり重いカウチンではなく、軽くて着やすい「カウチン風」なものが多いですけどね。

カナダの編み物事情も、機会があれば教えてくださるとうれしいです!

ゲスト
ゲストより

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。