2020.01.28

2020.01.28
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ベオグラードでオペラ座の怪人を観に行ったよ

前にえつこさんから、セルビアのオペラが気になる!イケメン団員がいる!しかも1,000円で見られるなんて!というお手紙をいただきましたが、オペラ座のバレエは人気で売り切れ…。なので、違う劇場の舞台を観に行ってきたよ。

ベオグラードのミュージカル劇場へ

劇場はオペラハウスではなくて、Terazije Theatre(テラジイェ劇場)ミュージカルを中心として上演しているところみたい。ホテルモスクワの道路挟んだ反対側にあるよ。

セルビア、ベオグラードのTerazije Theatre(テラジイェ劇場)の入り口
ダンサーが踊ってる看板が目印
セルビア、ベオグラードのTerazije Theatre(テラジイェ劇場)の入り口
奥にチケット売場がある。席が余ってたら、当日券も売ってくれるし、先の公演分も買うことできるよ

観劇したのはオペラ座の怪人。もちろんセリフはセルビア語!知ってるあらすじなら、言葉分からなくても大丈夫かな、と。兄さんも「オペラ座の怪人」ってのは聞いたことはあるんじゃないかな?映画とかにもなってる気がするけど。どうだろ?あの音楽が絶対聞いたことがあるはず。

オペラ座の怪人のポスター
値段忘れたけど、2020年1月31日公演が2,300RSDだから同じだと思う。
セルビア、ベオグラードのTerazije Theatre(テラジイェ劇場)の舞台
2005年に再建されたらしいんだけど、何というか無骨な感じ?でも、オーケストラピットがちゃんとあるよ。一番乗りで入ったから、まだ誰もいない
ベオグラードのTerazije Theatre(テラジイェ劇場)の舞台と幕
上映時間が近づくとほぼ満席に!上のシャンデリアはオペラ座の怪人の小道具。他の公演のときはなかったよ

2時間半の公演で、間に休憩が25分くらいあったかな?セルビア語だから、ほんとに何言ってるか分かんないんだけども、オペラ座の怪人はどっかで見たことがあるので(どこで見たか忘れたけど)、話にはついていけたよ。演出はベオグラードとかなんとかいうより、演出家によると思う。セルビア人ウケするように何かやってるかなんて、私が分かるわけないしね笑。音楽+映像の公式YouTubeがあったから、気になる場合はこちらをどうぞ。

写真撮影する人にはレーザービームがとんでくる

上映中は撮影禁止なんだけど、最初や最後(カーテンコール)でスマホで写真撮影しようとするお客さんがいて。係員が懐中電灯っていうより、レーザービームみたいなのをそのお客さんにガンガンあてて注意してたよ。あれで注意されたらめっちゃまぶしいと思う。日本も撮影禁止なこと多いと思うけど、あのレーザービームはよさそうでした。係員の人が瞬時に見つけて注意してて、なんかすごいな、とも思ったよ。

オペラ座の怪人以外の公演も行ってみたけど、セルビア人の話だった。お金持ちのお嬢様と、金細工職人の青年の恋物語。セルビア語で、なんかよく分かんないけど、ハッピーエンドで終わったよ。めでたし・めでたし。
※情報は2020年1月現在

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。