2020.03.05

2020.03.05
さとみ

ヤスオ兄さんへ

語学留学はキプロスへ!やってきた島国とコロナウィルス

マルタはシェンゲン協定国だったので、どうしようかと思っていたところ、見つけました!キプロス共和国という島国を。兄さん知ってる?私は恥ずかしながら、今まで知らなかったよ…。けど、友達は「ワインが有名だよね」「タックスヘイブンだよね?」「あそこは歴史が色々あるからね~。今も首都が…」みたいな感じで知ってて、恥ずかしさ倍増ですわ。

キプロスは地中海に浮かぶ島国。セルビアから2時間半でこの日差し!

キプロス、リマソールの海
ベオグラードは氷点下の日が増えてきてたし、曇りがちだったから、まぶしさはうれしさ

キプロスは安全なの?

そもそも、キプロスってどこ?大丈夫なの?と兄さんが不安になるだろうから、外務省の海外安全情報を見てほしい。

外務省の海外安全情報
見よ!安全という純白さ、まばゆい白さを!周りはカラフルだけどね

キプロスでも語学留学できるのですよ。しかも、日本人のエージェントの人がいて、何から何まで懇切丁寧に教えてくれて手伝ってくれるから、あれよあれよ、と語学留学の手続きが済みました!

キプロスは今でもイギリス領地があるくらいなので、街中でも英語が話せる人がほとんどだし、学校もイギリス英語をきっちり教えるって感じ。キプロスの公用語はギリシャ語だけどね。文化的には南はギリシャで、北はトルコ。首都が分断されてる話は、また今度。

キプロスの海岸

キプロスのコロナウィルスの影響

この前の兄さんからの手紙で、コロナウィルスの話があったね。こっちのニュースでも各国の様子を毎日報道してるし、学校や知り合いとの話題にはあがる。でも、まだキプロスでは感染者は出てないし、街中でマスクつけてる人もいないよ。

キプロスのコロナウィルス差別

ヨーロッパや中東などで問題になってる、コロナウィルス差別をまだ受けてない。通りすがりにコロナって言われたこともないし、口を覆う仕草をされたこともない。逆に何もなさすぎて「あれ?皆様、ご存じですよね??巷で大変ウワサのあれ。私見た目100%アジア人なんですけど…」ってくらい、何もない。あれ?って感じ。
まぁ、たとえコロナがあろうがなかろうが、差別する人は、特定の人種や異性を差別したり足蹴にしてるんじゃないかな?って感じはあるけど

キプロス、リマソールのカーニバル

3月1日にリマソールで年に1度のカーニバルパレードがあって、皆様そちらに気を取られてるのかな?という気もしたよ。けど、イタリアではカーニバル中止してたから「キプロスは開催するよ!」と誇らしげでした。

あとは、トルコが国内に住むシリア難民をヨーロッパに向けて開放も大きなニュースなのかも?地理的にはトルコに近いので難民が来たら…っていうのがね。この話をしてる人も結構いるから。コロナウィルスよりも、こっちの動向のほうが気になる人もいるんじゃないかな?

そんなわけで、語学学校に通いつつ、たまに遠出したりしつつ。次からはそんなキプロスからの手紙になるよ。

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。