2019.12.12

2019.12.12
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ラストはやっぱりショパン!ポーランドからのお手紙はおしまい

ショパン直筆の楽譜がポーランドのフレデリック・ショパン博物館にある

首都のワルシャワの空港は「ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港」と、ショパンの名前つけてるくらいだから、ポーランドはショパン推し。かなり推してます(推しとか通り越してる気もするけど)

ショパンにちなんだところが色々あって、さすがに全部は行かなかったけど、兄さんもクラシックでもどうですか。ってことで。

水曜は無料!フレデリック・ショパン博物館

ポーランドのフレデリック・ショパン博物館の外観と水曜無料だったチケット

まずはワルシャワのフレデリック・ショパン博物館へ。博物館の無料情報はどこが正しいのかわからなかったけど、水曜に行ったら、タダでした。ラッキー。

博物館は2010年に新しくなって、ショパンの生い立ちから作曲したものまで網羅されてます。

ポーランドのフレデリック・ショパン博物館の外観と水曜無料だったチケット
引き出しをあけたら、ショパンの曲が流れてくる
ワルシャワのフレデリック・ショパン博物館にあるショパン最後のピアノ
ショパン最後のピアノ
ポーランドのワルシャワにあるフレデリック・ショパン博物館にあるショパンの手のブロンズ
ショパンの手のブロンズ
ワルシャワのフレデリック・ショパン博物館にあるショパンの楽曲が聞けるゾーンで笑い合うカップル
ショパンの楽曲が聞けるゾーン

本当のクラシックファン、ショパンファンはどう感じるのかわからないし、兄さんもどうかな?って感じだけど、知ってる曲があれば「へ~」とはなるはず。

聖十字架教会でショパンの心臓がある柱を遠目から見る

次はショパンの心臓がある聖十字架教会へ。
39歳で亡くなったショパン、遺体はフランスにあるけど、本人の意思で心臓だけはポーランドへ。ってことで、ワルシャワにあります。

この教会の柱に安置されてます。

ポーランドのワルシャワにあるショパンの心臓がある聖十字架教会
ちょうど指さしてる柱ね。奥まで行けなかったので、遠くからの写真で。彼らの名誉のために言っておくと、彼らは入る前にちゃんと十字を切って中に入ってたよ
ポーランドのワルシャワにあるショパンの心臓がある聖十字架教会
お祈りしている人もそこそこいて、教会そのものも荘厳な雰囲気。

ちょっと疲れたら、チョコレート屋さんKARMELLOで休憩。

ワルシャワのチョコレート屋さん、KARMELLO のホットチョコレートとカフェラテ
ポーランドのワルシャワにあるチョコレート屋さんKARMELLO

お土産にもよさそうだったよ。さとミシュラン★★

せっかくなら、ピアノコンサートも。ワルシャワでも色々あるようだけど、時間の都合でクラクフで。
クラクフも数か所の会場があるようだったけど、たまたま行ったのはこちら

クラクフでピアノコンサートへ

ポーランドのクラクフで7時半から始まるピアノコンサートのポスター
ポーランドのクラクフにあるピアノコンサート会場には大勢のお客さんに集まっている

結構お客さんが入ってました。服装はラフ。
若いピアニストが演奏してくれて、有名どころの曲も、ピアニストが得意なのであろう曲もあって、1時間堪能しました。

他にもポーランドには、ショパンの生家、ショパン像があるワジェンキ公園、通ったレストランなど、ショパンにゆかりのある場所がかなりあるよ。

※情報は2019年12月現在

ポーランドからの便りは以上で~す。

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。