2020.01.05

2020.01.05
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ブダペスト市民なら40℃の硫黄の匂い漂う、ルカーチ温泉に通う!※館内図あり

ブダペストには温泉が他にも色々あるよ。すっごい広い屋外プールがあるセニーチェ温泉は、チェスやってたりして魅力的なんだけど、40℃以上のプール?湯舟?がなくて寒そうだから断念。

キラーイ温泉はそこが源泉じゃなくて、ルカーチ温泉からお湯を引いてるらしいので、そのルカーチ温泉に行ってみたよ。
日本にいるときも、源泉かけ流し、自噴、足元湧出などのいう言葉に弱いからね。
もちろん、今回もブダペスト温泉ガイド~40℃以上~を見て決めました!このサイト、ほんとにありがたい!

トラムに乗ってルカーチ温泉へ

ルカーチ温泉は、ちょっと離れたところにあるからトラムで行ったよ。

Szent Lukács Gyógyfürdőトラム停留所の看板
Szent Lukács Gyógyfürdőが一番近いトラム停留所

着いたはいいけど、かなり暗くて、どこから行ったらいいんでしょうか?って感じになる。

Szent Lukács Gyógyfürdőトラム停留所
赤い丸のところが出入口
ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Baths入り口のゲート
トラムを降りた人がここから入っていったから、私もついていく
ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Baths
この建物でなく、左に進む。前を歩くおばさまの後を追う

夜のルカーチ温泉は暗いので要注意

写真だとiPhoneの性能で明るく見えてるけど、実際は下の写真の暗さだよ。それを考えるとiPhoneってすごいよね~!そっちに関心してる場合じゃないよね~。

ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの夜の風景
肉眼だとこのくらいの暗さ。遠くからは、ぎりぎり街頭があるのが分かるくらい
ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの建物入り口
ちょっと近づいたか?前のおばさまを見失わないように追う
ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの建物入り口に入る人
おばさまが入っていったから、この正面が入口だと分かる
ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsのチケット売場
チケット売場で、ロッカータイプを選んでクレジットカードで購入

ブダペストカードを持ってたら、1回無料で入れるよ!私は持ってないから普通に支払ったけど。金額は公式サイトを参考に。2020/1/6 から金額がアップするみたいだし、クリスマス後~年明け数日間は、料金がすべて週末価格だったから要注意。

更衣室みたいなところで着替えて、ロッカーに荷物を入れて鍵を閉めて。(ロッカーやキャビンはルダシュ温泉に近い)
中へ…と思ったものの、複雑すぎて、どうなってるんだろう?

見取り図はあったんだよ。あったんだけど、え?微妙に階段とかあるし、ここはどこ?って感じで。

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの館内図
40℃まで行きたいけど、どこから行けばいいのか分からない

私はコナンか?人の足跡を追いかけて40℃へ向かう

人の行き来も少なくて、誰かについていくのも難しそう…。ってことで、人の足跡を見ながらたどるという、超初歩的な方法で、進んでいくことに…。温泉だからタイルが濡れて、足跡がついてて、それを見ながら進む。コナンならもっと違うよい方法を思いついただろうな、いや、コナンはそもそも迷わないか。

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの館内図26℃のプール
プールを横目に、まだ人の足跡を追ってる…

硫黄のにおいが立ち込める、THE!温泉!40℃!

そもそも、足跡を追って40℃のゾーンまで行くのかもナゾなんだけど。もう完全に自分がどこにいるのか分からない状態で。
はい、でました!40℃!何とか辿り着きました!ここは他の温泉に比べて、硫黄のにおいが立ち込めてて、THE!温泉!って感じ。お湯の感じも温泉だし、ウロウロして冷えた体に温かさが染みる~!あったかい~!
夜で人が多くて、写真が撮れなかったので 公式サイトから引用させてもらいます。

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの40℃の温泉
40℃のプール?湯舟はやや小さめなので、実際にはかなり人が多かったけど、よく入れ替わるからちゃんとは入れたよ。写真は公式サイトから引用

上の写真の真ん中のお湯が出てるところは飲泉。飲んでる人が多かったので飲んでみたら、温泉成分が濃い目。ごくごく飲める感じではないけど、温泉に来ましたって感じがする。

夜の人が多いときに行ったから、少し芋洗い状態ではあったものの、時間がたつと人が減ってきたよ。近くの36℃の少し大きめのプールと、行ったり来たりしながら入ってた。

36℃の湯舟の方が広かった

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの36℃の温泉
湯治できるだけあって、バリアフリーの工夫が色々してあったよ。実際はかなり人が多めだった。写真は公式サイトから引用

伝えるべきか、悩む…。大阪のおばちゃんなら…

36℃のプールにいたら、日本人2人組が入ってきて。そこそこ混んでるから割に近くになって、聞こえてきちゃったんだけど。「これぞ温泉って感じだわ~!だけど、もうちょっと温かかったら、もっといいのにな~!」

20歩いや、15歩くらいで40℃のお湯ありますよ、そっちめっちゃ温かいですよ。って言ってあげるか、すっごい迷ったよね。大阪のおばちゃんなら絶対言ってるわ。入ってきた途端に聞かれもしないのに「あっちにあったかいお湯あんで」くらい言ってるかもしれん。あの人たちが関西弁だったら、私も勇気が出ただろうけど、標準語だったから、つい言いそびれたよね。あの人たちは40℃にたどり着いたのだろうか…。今でも心配してます。兄さんならこういうとき、声かける?

めっちゃ冷たいと思ったら、22℃

さて、そろそろ終わりの時間だし、温まってきたのでロッカーに戻ろうかな、と思って右往左往。どっからきたっけ?え?あれ?プールに出たから、足だけ入ってみたら、めっちゃ寒かった。後から見たら22℃のプールだった…

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの温泉プール
22℃で冷たいけど、泳いでる人もちらほら

何とか無事にロッカーにたどり着いて、一安心。着替えて出口へ。

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの飲泉
出入口付近のお水?飲泉?は飲みやすかったよ

出入口近くから、流れるプールが見えたよ。

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの夜のプール
いまだかつて、こんなに分からない写真があっただろうか。屋外の流れるプールです…

ひどすぎる、なんだ上の写真は…。ちっともよさが全然伝わらないと思うので、公式サイトからまた引用させてもらいます。さすが公式、全然違うな!

夏は楽しそうな流れるプール

ブダペスト、ルカーチ温泉St. Lukács Thermal Bathsの流れる温泉プール
上の部分が流れる温泉プール。手前にはジャクジーがあるらしい。実際はどのくらい人がいてたか不明。写真は公式サイトから引用

写真を見比べて同じプールだとは誰も思わないね。私でさえ分かんないもんね。アングルとかそういう以前の問題で。

ルカーチ温泉は泉質がTHE!温泉って感じだし、ちょうどよい規模感だったから、ブダペストに住んでたら通うだろうな~って感じだったよ。夏には流れる温泉プールで流れてみたい!

ハンガリーの温泉に行くなら、綿100%の大判ストールがあると便利

3つの温泉に行った私のワンポイントアドバイスとしては、荷物が少ないほうがいいけど、バスタオルはかさばる(日本からわざわざバスタオル持っていくの大変だし)から、コットン100%の大判のストールをタオル替わりにするのがよさそうだった。移動のときにどうしても寒いから大きいほうが冷えなくていいし、すぐ乾くし。
ブダペストには、まだまだ他にも温泉があるから、気になるな~。兄さんは、 ゲッレルート温泉ルダシュ温泉、ルカーチ温泉、どれが気になった?
※情報は2020年1月現在

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。