2020.01.03

2020.01.03
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ゲッレールト温泉40℃のプールから素敵な内装を眺める!※館内図あり

兄さんって温泉好きだったっけ?ハンガリーが温泉大国ってのは聞いてたけど、水着着用だし、温泉じゃなくて温水プールだとか、ぬるすぎてあったまらないと言うのを聞いてて、行くか悩んでたんだよね。

でも、ブダペスト温泉ガイド~40℃以上~を見つけちゃったから、行きます!行かせていただきます!入らせてくださいっ!!!はっきり言って、この手紙を読むよりも、上のサイトを見たほうが情報がしっかりあってよいのでは?と言うありがたさなんだけども。一応、兄さんにお手紙を書きます。

まずはゲッレールト温泉(St. Gellert Thermal Bath and Swimming Pool)。(まずは、って言ってるけど、合計3つ行ってます)

直前に決めたから空いてるホテルが少なくて、ゲッレールト温泉併設のホテルになったんだよね。ハンガリーの物価で考えると(セルビアの物価に慣れてきた身からしても)、高いな~って感じだけど。築100年の伝統あるアールヌーヴォー様式の建物に泊まる+温泉直行できると思えばよいと言い聞かせて。夏はエアコンなさそうでつらそうだけど、冬はセントラルヒーティングであったかくてよさそうだったし。

danubius-hotel-gellertゲッレールト温泉併設のホテル
ドナウ川が見えるシングルルームは、景色よくて満足。部屋にバスタブ・冷蔵庫あり

ホテルゲッレールトに泊まるメリット

ホテルの2階(日本の3階)以上はどことなく温泉?スーパー銭湯?みたいな匂いがしてる。
このホテルに泊まるメリットは
1.通常2,000円以上する温泉が30%OFFで4,270Ft(約1,500円)※金額は平日や週末、年末年始で違う
2.部屋で着替えてバスローブ+ビーチサンダルのまま温泉に行けて、帰りもバスローブ羽織って戻れること。
3.冬の早朝でも余裕で行ける。(外の寒さは、関係ないからね!)
4.ほぼ手ぶらで行ける
ってことで、朝の6:30温泉へ向かいます(夜は人が多そうで避けた)。

danubius-hotel-gellertのSPA
エレベーターにもSPAって書いてるから(確か2F)すぐわかるし、降りても看板がある

宿泊客はお金持って行かなくていいのがよい

ホテル客専用の受付で、係の人に声をかけて名前と部屋番号を紙に書けばOK(支払いはチェックアウトのときに宿泊費と一緒にまとめられる。お金持っていかなくていいのもうれしい。部屋の鍵だけは持ってたけどこの受付に預けることもできそうだった)。リストバンドをくれるので、それを受け取って、中に入るよ。

アールヌーヴォーの建物も素敵な温泉

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのアーチ型の建物
受付を抜けたとこの広間みたいな空間。アールヌーヴォーの建物がよいね
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのステンドグラス
ステンドグラスやアーチ型の屋根も素敵

入り口はさっきもらった、バンドをかざせばゲートが開く。分からなかったら係の人に聞けばすぐわかる。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのロッカーキャビン
中に入るとキャビンと呼ばれる個室がいくつも並んでる

私は荷物一式、エコバックに入れてたから、そのまま持って中に入って、荷物はベンチに置いたり、荷物かけにかけたりしてた。 気になる人はロッカーに預けられると思うけど、そもそも荷物はそんなにいらないと思う。

あったか~い!40℃の大浴場みたいな湯舟?プール?は最高!

はい!待ってました! 40℃!入った瞬間「あったか~い!」って思わず声が出ちゃう。
プールって書いてるけど、大浴場的な湯舟のような。深さは1m20だから、やっぱりプールか?硫黄など温泉のにおいはほぼせず。だけど、湯口には温泉成分が固まってたから温泉だってのは分かる。
朝6:30にがんばって来ただけある。人が少なくて、独り占めできるときも結構あったよ。冬だから6:30だとまだ暗いのが少し難点。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの40℃の湯舟
壁面に40℃の文字!あったかい!朝6:30~8:30は独り占めできることが何回かあった
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの子どもの彫刻
人魚?みたいに足がヒレになってる

湯舟みたいなプールで、他の人をマネして泳ぐ

さて、少し温まったところで他のプール(湯舟?)にも行ってみる。人が少ないからゆっく~~り泳いでるおばちゃんとか、プールの中をぐるぐる歩くおじいちゃんがいたよ。私も人がいないときを見計らって、泳いじゃったよね。日本だと温泉で泳げないけど、ここはPoolってなってるから泳いでいいのかな?地元っぽい人を見てマネ泳いだり歩いたりしてた。ゲッレールト以外ではsitting poolで泳げないところもありそうだった。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの温泉と緑のタイル画
こちらはぬるめのお湯だった
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの温泉と緑のタイル画
さっきとは内装が違ってグリーンのタイル。朝イチだからお湯もきれい
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの温泉と緑のタイル画とベンチ
移動する度にバスローブ羽織って、エコバックを持って歩いて、目の届くところにかけられるところにかけてた。人が多くなると不安かも?

水泳キャップをかぶって、プールへ!冷たい!

せっかくだし、プールにも行ってみよ~!ちなみに、このプールは水泳キャップがないと入れません。係員の人が見張ってる。ただ、地元のおばちゃんたちはシャワーキャップで入ってて、やるなと思った。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの室内プール
プールは入るのに勇気がいる温度で、体が温まってても、肩まで入るのに時間が必要
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの室内プールで泳ぐ人
右のおじさん全然息継ぎしないと思ったら、シュノーケルつけてた。やるな~
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの柱とプール
2mの深さのところがあるので、無理は禁物

泳いでもやっぱり寒いから、また40℃のところへ。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの案内図
この入り口を進んでいって
ゲッレールト温泉Gellért Thermal BathのTHERMAL POOLS
この方向へ進むと
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのロッカーキャビン
キャビンーが並んでるところに着くから、この反対側のシャワーが並んでるゾーンに進む
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのブルーのタイル
40℃のプールがあるゾーンに行く
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのアールヌーヴォー様式の館内
8時頃にはすっかり明るくなって、天窓から光が差し込む
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの飲泉
飲泉かな?何か所もあって好きに飲める
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのサウナ
サウナはあったけど入らず

時間制限はないから、自分の好きなだけいられるんだけど、2~3時間で出てきたよ。それでも十分満喫しました!夏だと屋外プールで遊んだりして、もっと時間かけてもいいかな~。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのシャワー
シャワーを浴びて終わり。シャンプーしづらいから部屋でやったほうがいい
ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathのリストバンド返却機
帰りはバンドをこんな感じで返せばOK

ところで、40℃ってぬるいのかな?兄さんはどうでしょう?36℃はさすがにぬるいな~と思ったんだけど、私は40℃でもあったかく感じたし、長く入ってたら、のぼせそうだったんだけど。

口コミで「ぬるくて全然温まらない!」みたいなのがあったんだよね。私が日本で行ってた銭湯は40℃、42℃だった。けど、42℃は長湯できなくて、いつも40℃の湯舟に入り浸ってたわ。
江戸っ子からすると、40℃なんて水みたいなもんかしら?と、下町の銭湯調べたら、45℃のところもあるのね!その人たちにとったら、40℃はぬるいかもな。

冬は40℃の湯舟に。夏は屋外プールも楽しそう

兄さんが来るときの参考に、パンフレットの館内図をつけとくね。40℃のプールの場所が分かりづらいけど、冬はここに一直線に来て温まったほうがいいよ。夏は外でプールでもよさそうだけどね。

ゲッレールト温泉Gellért Thermal Bathの館内図

※情報は2020年1月現在

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。