2020.02.10

2020.02.10
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ベオグラードの語学学校(ベルリッツ)に通って、英語を勉強してたよ

日々何をしているのか、とりあえず時間は過ぎて気づけば1日が終わってます。おかしいなぁ…。だけど、英語が全然できないので、語学学校に通っていた話でも…。と言っても、週に2回、2時間のクラスなので学校ってほどでもないけど。DMM英会話などのネット英会話教室の英語の先生は、セルビア人が結構いるって友達が言ってたよ。兄さん、噂で聞いたことあるかな?

Berlitzベルリッツの受付

セルビアの母国語はセルビア語だけど、若い人も、30~40代の人も結構英語話せる人が多い。なので、お店でも、英語が通じることも多いよ。おばあちゃんはさすがに、通じないことがほとんどだけど。。

ベルリッツは日本にもある語学学校なので、兄さんも知ってるんじゃないかな?他のところだと、セルビア語で英語を学ぶこともあるようで。まずセルビア語を習得しないと英語学べないって、ハードル高すぎるので、全部英語で授業をするベルリッツにしたよ。日本のベルリッツに比べたら、授業料はめちゃ安い。だけど現地の人からすると高いから、通えるのはやっぱり生活にゆとりのある人たちなのかな~っていう気がする。

Berlitzベルリッツの看板

クラスに突然、東洋人が一人

クラスは少人数制で、私のクラスは6名。もちろん、私以外はセルビア人。向こうからしたら「え?あなた誰?どこから来たの?なんでここにいるの?」って感じで、最初クラスに入ったときは、みんなの頭がハテナになってたわ。そりゃそうだよね笑。一つずつ答えたけど。

30代~60代の人だったから、仕事終わったあとに来てた人ばかり。1人日本人の私に対してもみんな優しいし、先生も気にかけてくれて、とってもありがたかったよ~。

クラスメイトのおじさま(60代の歯医者さん)が、手作りのお菓子を作ってきてくれた日もあったよ。

ウエハースを切る人
手作りのお菓子をふるまうおじさま。ウエハースは買ったけど、中のヌガーみたいなのを何時間もかけて練ったらしい
ウエハースを切る人と撮影する人
みんなで写真撮りまくって、おいしくいただきました!

セルビア人と日本人の共通点

セルビア人(と言っても、たった5人だけど)と一緒に授業して分かったことは、セルビア人はめっちゃシャイ。日本人に近いくらいシャイだと思う。私のクラスがそうなだけかもしれないけど、あんまり自分から自分のことを話さないし、先生も無理に「あなたならどう?」とは聞かないから、日本人にすごく馴染みやすいと思う。おしゃべりだけどシャイっていう感じがするから、もっと打ち解けたら違うと思う。

ジョーク言ってナンボ

シャイだけど冗談は大好き!何かと冗談を言おうとするし、誰かの言った冗談に、違う人がまた冗談で返すみたいな感じで、ずっとジョークばっかり言い合ってる感じ。英語が話せなくても、ジョークを言うときだけは自分の持ちうる語彙の中から選んで組み合わせて言う!って感じで面白い。それでみんなに通じるしね。

そんな楽しいクラスだったんだけど、3か月コースの2か月で終了しました。ほんとは最後の1か月行きたかったけど、諸事情あってちょっと違う国にでも行こうかと思いまして。だけどまだクラスメイトとは連絡取り合ってるよ~。
※情報は2020年2月現在

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。