2020.01.20

2020.01.20
さとみ

ヤスオ兄さんへ

ネット広告が面白かったり、情報源の一つになってるよ。ベオグラードにて

Instagramなどに出てくる広告って、日本にいるときは何も思わなかったんだけど、兄さんはどうでしょう?ネット広告出てても「へぇ~」くらいで終わってる?

セルビア・ベオグラードに数か月いると、ネット広告も現地のものが表示されるようになって、大事な情報源の一つとなっていたり、広告一つとっても文化が違うな~と感じることが多いよ。もちろん、文章は何を書いてるか分からないので、写真と絵文字と店名などで推測してたりするだけなんだけど。

papalada_belgradeのInstagram
素敵なレストラン。パインの上に焼魚っぽいものが…
ジョコビッチとテニスプレーヤー
セルビアらしい広告も
スーパーマンのガウン
かと思えば、なんだろう?っていう広告も。広告っていうか商品。スーパーマンだけどね
AJVARアイバル
セルビアの国民食アイバルも広告に出てる。赤パプリカ+ニンニク+ナス+唐辛子等で作られるペースト状の調味料。調味料と言っても、そのままパンに塗って食べたりする
セルビアのリサイクルショップの広告
文章の中に絵文字の炎マークを使ってるのをたまに見かける。日本と絵文字の使い方が違うんだろうな
海外のお寿司の広告
わさびを生クリームみたいに絞り器使って出すことあるんだな…
海外のお寿司の広告
わさび!!!

で、ある日私の目に飛び込んできた広告がこちら。

hotelforras.szegedのプールで両手を上げる男性
ホテルの広告かぁ~って、あなたどなたでしょう。この瞬間を撮影するために何テイク撮ったのか…。気になることが多すぎる…
hotelforras.szegedのフロント
さっきのおじさんのホテル。この未知の生物は一体…いや、よく知ってる生き物なのか…何か背中にオレンジのものを背負ってるっぽい
hotelforras.szegedのプールとスライダー
え!あの2つの写真のホテル、実はすごいじゃん!

おじさん写真の広告に51€って書いてたけど、これで51€は安いんじゃないの?ファミリーにはいいんじゃないの?っていうか、広告に使うのはあのおじさんとナゾの着ぐるみ写真じゃなくて、最後の写真だけでいいんじゃないの?と思いつつ、このホテルについて調べたら、ハンガリーの南(セルビアとの国境近く)のセゲドにありました。う~ん、気になるけどさすがに行くことはないかな~。あ、兄さんぜひに行って、このおじさんと同じポーズで写真撮ってください。で、その写真が広告に使われるといいね!楽しみに待ってます。

あと、広告あるあるとしては、「詳しくはこちら」を押しても、サイト自体がまだ未完成のことが割とあるんだよね。TOP画面だけ出来上がってて、他のボタンを教えても違うページは表示されないとか。前に見たのはTOP画面さえもすごい簡素で「情報が必要な場合はメールしてね!メールアドレスはこちら」って書かれてるだけだったり。これ日本だったら「この状態で広告出すなんて!」ってなりそうだけど。

またおもしろ広告を見つけたら、お手紙書くね。日本のおもしろ広告があれば教えてね。
※情報は2020年1月現在

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。