2021.12.30

2021.12.30
さとみ

ヤスオ兄さんへ

パスポートを持って、北キプロスツアーへ

キプロスは1974年にトルコ侵略を受けて、国が上下で分断されてるんだよね。
ピンクの部分が、北キプロスでトルコにしか認められてない国。侵略前に北キプロスに住んでた人は、南に移動せざる得ない状況に…。
だから、南キプロスに住んでる人でも「ファマグスタ(北キプロスの街)に実家がある」と言う人も。

ピンクの部分が北キプロス
北キプロスには、トルコ国旗や北キプロス国旗が色んなところに掲げられてる
通貨もユーロとリラで書かれてた。基本はトルコのリラだけど、観光客相手のお店はユーロも使えたよ

南と北の間には、境界線があって、行き来するにはチェックポイントを通る必要があるんだよね。そして、北キプロスに行くときは、パスポートが必要。でも、パスポートにハンコ押されるわけでもなく、チェックされただけだったけど。
せっかくなので、ツアーに申し込んだよ。グレーの点線が北と南の境界線。南のツアー出発地から、北の方までぐるっと回ってくれる。

紫色が今回のツアールート
指定のところに迎えに来てくれるよ。私のときは、3家族くらいが一緒だった

車は、北を目指してまっしぐら。チェックポイントを越えるときには、パスポートを見せれば終わり。ハンコが押されたら、ややこしいことになるので、押されないように。
まずは、Famagusta(ファマグスタ)のビーチへ。ここはトルコ侵略前は、人気のビーチでバカンス客が多かったそうなんだけど、戦闘の結果、街自体がゴーストタウンになってた。

「今はトルコ側の兵士が見てるから、写真は撮らないで。撮ったら狙われるよ」ってことなので、写真はなし。「見たいときは、GoogleMAPで見て」だそうです。ほんとに言われたよ。ただ、「GoogleMAPに載ってないエリアもある。例えば、今巡ってるこの住宅地は載ってないんだ。だから、忘れないように」と言われた地域もあったよ。

少し車で走って、違うエリアへ。破壊された教会がそのままで残ってた。

と思えば、もともと教会だったのをモスクに変えて、今でもモスクとして使われてる建物もあったよ。

教会の中に、モスクの祭壇を足してた
入り口にはモスクと書かれてる
外観は教会。トルコの国旗が飾られてるけど
塔があったのかな?

30分くらい?フリータイムがあったので、街をブラブラしたよ。

左が破壊された教会、右はモスクとして使われている元教会

フリータイムは終わって、また違う場所へ移動。山の上の方に行くから、結構寒かったな。

途中に寄った、ドライバーさんオススメスポット。眺めがきれい

着いたのは、丘の上にある小さな村。

村の案内図
ここにも破壊された修道院?教会?があった
丘の上から、海が見えてきれい
村には小さなお店がいくつかあったよ
手作りの絵を売ってるお店かな?
ガラス工房もあったよ

次は港町のキレニアへ。着いたらフリータイムになったので、キレニア城へ。

キレニア城(要塞?)へ
城の中庭?はこんな感じ
ドーム状の建物が残ってた
中に入ったら、木で支えてた。大丈夫かな?
何かいた
他の建物は、資料館になってたよ。木造の船がそのまま残ってた
船と一緒に沈んだ土器も、展示されてた

ランチを食べに、レストランへ。

サラダも美味しかった。右上にあるのは、唐辛子
ピザを頼んだら、トルコのピザの「ピデ」が出されたよ

北キプロスは、建築ラッシュで、教育機関やモスクなどが建ってたよ。でも、南キプロスの人からすると、もともと持ってた土地に、違う人が建物建ててるわけだから、いい気分はしないよね。でも、今住んでる人からしたら建てちゃうだろうし。複雑だな…。

このツアー会社は、他にも違うツアーがあるから、行って見たかったな~。ツアー会社の人は、とても親切だったよ。

※情報は2020年3月以前のもの

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。