2019.12.29

2019.12.29
さとみ

ヤスオ兄さんへ

いまどきカフェも捨てがたい!ウィーンのおしゃれカフェ

ウィーンはカフェ文化が根付いてるからといって、全部が全部老舗なわけではないよ。新しいカフェもあって、それがまた素敵だったよ。

おしゃれでおいしいカフェ、Marco Simonis Bastei10/h2>

Marco Simonis Bastei10系列店もあるみたいだけど、行ったのはMarco Simonis Bastei10だけ。
朝8:30オープンで、朝からレモンタルトとチーズケーキを友達と分けて食べたよ(飲み物はカフェオレ)。お土産になりそうな瓶詰のジャムやクッキーなど、オリジナル商品も色々あるし、店員さんがすごくフレンドリー。ランチやディナーで色々食べてみたいという期待も込めて、さとミシュラン★★★。

ウィーンのオシャレなカフェの内観とショーケース
朝はサンドイッチやマフィンなどが並んでた
Marco Simonis Bastei10のカフェラテとケーキ
真ん中の小さい丸いのは、エスプレッソシュガー。エスプレッソに砂糖を混ぜたものかな?これだけも美味しかった
ウィーンのおしゃれカフェの店内キッチン
客席からキッチンが見える
ウィーンのカフェのジャムなどのオリジナル商品
オリジナルの商品(瓶詰)も色々あった!

パン屋併設のカフェJoseph Brot

次はパン屋さんに併設されてるカフェJoseph Brot 天井が高くて、道路に面してる壁はガラス張りだから解放感のある空間だった。持ち帰りでパン食べたパンがおいしかったのと、店員さんもよさげだったので、さとミシュラン★★。ウィーンミッテのすぐ近くだから、使い勝手いいと思う 。

ウィーンのパン屋併設カフェは照明がおしゃれ
客席数は少ないかと思って入ったら、結構多かった
ウィーンのパン屋の30種類以上あるパン
パンは持ち帰りで食べたよ
Joseph Brot のスイーツのショーケース
パン以外にスイーツも売られてる
ウィーンのパン屋のメニュー
カフェのメニューはこんな感じ。食事もできる
Joseph Brot ウィーンのパン屋のカフェラテ
休憩がてら入ったから、カフェラテだけ注文

美術館のカフェ2つ

美術館にもカフェがあって、2つ行ってみたよ。美術館を見て回ったあとに休憩がてら入れるのはありがたい。

まずは、ベルベデーレ宮殿の中のカフェ。ぎりぎり、さとミシュラン★★。友達は本日のスープ(グヤーシュ)頼んで、それは美味しかったみたい。

ベルベデーレ宮殿の中のカフェのケーキとコーヒー
たしかチーズケーキだったと思う。スポンジがややパサつくも、そういうケーキなのかも?

次は、近代美術館(mumok)の中のカフェ。さとミシュラン★★

近代美術館(mumok)のモダンなカフェ
美術館の中にあるだけあって、ランプなど小物もおしゃれ
ウィーンの伝統的なリンゴケーキとカフェラテ
アプフェルシュトゥルーデルとカフェラテ。ケーキはリンゴのほのかな酸味で甘すぎず食べやすい

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。