2019.12.09

2019.12.09
さとみ

ヤスオ兄さんへ

聖エリザベト・ガルニゾン教会で疲れた体に染み渡る、ヴォロツワフの絶品チョコ

ヴォロツワフのチョコレート屋のケーキとチョコとカフェラテ

疲れてるので、チョコレート屋に入ったら、ヴォロツワフのデートコースはチョコレート屋さんなのか?ってくらい、まわりは、きゃっきゃっしたカップルばかりです。こちら女性2人。なんか、違う疲れも感じる気がする…。気のせい。
写真のお兄さん一人で座ってるけど、彼女がチョコを買いに行ってるだけね。

めっちゃおいしいチョコレート屋さんを発見

そんなことはおいといて、このチョコレート屋Czekoladziarniaは、さとミシュラン★★★!
ケーキはベリーソースの上にチョコがかかって甘いけど、おいしかったよ。(疲れてたこともあるだろうけど)

ヴォロツワフのチョコレート屋のチョコレートが並んだショーケース

チョコがおいしかったので、持ち帰りで何個か買って帰りました。兄さんには日持ちしないので、お土産ないけどね。

きっと今頃、百貨店のバイヤーが血まなこになって、バレンタインに向けて、世界中のおいしいチョコを探してることでしょう。そのレベルかどうかは分かんないけど、どの種類のチョコも美味しかったよ。

私がすごく疲れていたのは…

なんでそんなに疲れたかというと。
「聖エリザベト・ガルニゾン教会」の塔に登ったから。展望台の高さ75m。

聖エリザベト・ガルニゾン教会の外観
高くて、上の方見えてない
聖エリザベト・ガルニゾン教会の展望台75mへ登る螺旋階段

登り始めてからずーっと螺旋階段が続きます。(降りるときに撮った写真なので、ちょっと違う感じがするけど。行きは写真の余裕とかない)

今、どのくらいまで登ってるのかわからず、あと何段あるのかもわからない。暗くはないけど、狭いし、ぐるぐる回って目も回りそうな感じ。あとで調べたら、展望台の高さ75mって、ビルで20階以上だった…。先に知ってたら登れなかったかも。

で、螺旋階段が終わって「やったー!終わった!」と喜んだのもつかの間。

え…。違うタイプの階段あるんですけど…。
神は私に試練を与えたもう。

聖エリザベト・ガルニゾン教会の展望台へ登るコンクリートの階段
無機質な感じがまた突き放された感じがして、試練に感じる

これどっかでも経験したことあるな…。

あ、京都の愛宕山だ。終わったと思ったら、最後に急階段が(愛宕山の最後の階段のほうが大変)。

とりあえず、この階段も登る?登るね。神様からの試練とかじゃないね、自分が登りたいだけだねってことで登りまして。ようやく展望台へ。

聖エリザベト・ガルニゾン教会の展望台からヴォロツワフの街と川を望む
登った分だけ、眺めがよかった!晴れててよかった!
ヴォロツワフ、聖エリザベト・ガルニゾン教会の展望台のデザインされた壁
こんな感じなので物を落とさないように要注意。高所恐怖症だと辛いかも
聖エリザベト・ガルニゾン教会の展望台から見えるヴォロツワフの街
ヴォロツワフは、小人の街だけど、ここからだと人が小人並みに小さく見える

せっかく登ったので、全方位の写真を撮影して、降りてきました。

で、冒頭のチョコ屋に行ったら、カップルに囲まれて違う疲れが押し寄せたってことなのです。

兄さんはとりあえず、京都の愛宕山に登って、降りてきたら鴨川の等間隔に座ってるカップルの間に座ったら、追体験できると思うよ。あ、甘いものは、京都高島屋で阿闍梨餅緑寿庵清水の金平糖でも買ってさ。

愛宕山と鴨川離れてるから、東京近辺でそれらしいところがあれば、ぜひそちらで。

※情報は2019年12月現在

詳細情報

さとみ
さとみより

    この手紙のお返事を募集中です!

Send a Letter!

ヤスオ兄
さとみ
たや

以下のフォームからお返事を書いて投函してください。

差出人必須
メールアドレス必須
お返事の内容必須

プライバシーポリシーについて、同意の上送信します。

こんなお手紙も届きました!

トップへボタン
手紙を読むへボタン
この物語へボタン
インスタへボタン
LINEへボタン
Twitterへボタン
テキストのコピーはできません。